子宮頸がんリスク検査

事前にご確認ください

HPV検査キットで子宮頸がんの原因ウィルスの感染の有無を調べる検査です。
病院での検査に抵抗感がある方、検査を受けに行く時間がなく「子宮頸部細胞診検査」を受診できない方は、ご自宅で時間のあるときにリラックスして受けられます。
陽性の場合は医師による子宮頸部細胞診検査を受診する必要があります。

実施概要

対象者 被保険者、被扶養配偶者、40歳以上の被扶養者(任意継続者含む)
費用 無料
検査概要 郵送による自己採取型のHPV検査
検査頻度 年1回
※医療機関での子宮頸部細胞診検査とどちらか一方
注意事項 検査結果が陽性の場合は、医療機関にて「子宮頸部細胞診検査」を受診していただきます。検査費用の補助はありません。
申込期間 2022年4月14日~8月31日
提出期限 2022年4月20日~10月31日
※検査キット到着後すみやかにご提出ください。

セミナー動画、手続き方法など

動画
  • 1分でわかる子宮頸がん
  • ワクチン? 検査? 家族で知りたい子宮頸がん
    特別講師:福井大学医学部 産科婦人科医局 黒川 哲司 先生
以下バナーの専用サイトからご覧ください。
検査申し込み 以下バナーの専用サイトからお申込みください。
※勤務先貸与PCから申し込む場合は、マニュアルをご参照ください。
子宮頸がんリスク検査(HPVセルフチェック)