HOME > こんなときは? > 死亡したとき
こんなときは?
死亡したとき

必要な手続き
■埋葬料を請求する
[ 提出書類 ]
「埋葬料(費)・付加金請求書」
添付書類・・・死亡診断書・埋葬許可書・火葬許可書などのいずれか、被保険者証、埋葬費の場合は埋葬に要した費用の領収書か明細書
[ 提出先 ]
会社の人事・総務担当部署へ ・・・ 添付書類が無い場合
直接ファイザー健康保険組合へ ・・・ 事業主の証明がなく、書類を添付する場合
[ 提出期限 ]
すみやかに

埋葬料(被保険者の死亡)

被保険者が死亡して、家族が埋葬したときに支給されます。事業主の証明があれば死亡についての添付書類は不要です。

給付額 100,000円(50,000円+ファイザー健保組合独自の付加給付50,000円)

注意 家族とは、被扶養者だけでなく生計の一部でも頼っていた方も含み、この家族が請求をする場合は生計の関係が確認できる証明書をご提出いただきます。

埋葬費・・・被保険者に生計維持関係にある遺族がいない場合は、実際に埋葬を行った方に、実費(埋葬料の範囲内)が埋葬費として支給されます。実費の範囲には、葬儀代、霊柩車代、霊前への供物代、僧侶への謝礼などが含まれますが、入院先から自宅まで移送した費用や葬儀の際の飲食費用などは認められません。

家族埋葬料(被扶養者の死亡)

被扶養者が死亡したときは、被保険者に家族埋葬料が支給されます。事業主の証明があれば死亡についての添付書類は不要です。

給付額 60,000円(50,000円+ファイザー健保組合独自の付加給付10,000円)

注意 死産児には家族埋葬料は支給されません。(出産育児一時金は支給されます。)

※PDFファイルを閲覧されるには、最新版の Adobe® Reader® が必要です。