HOME > こんなときは? > 赤ちゃんが生まれたとき
こんなときは?
赤ちゃんが生まれたとき

注意 ファイザー社員の方はe-payOneの「申請」から手続きしてください。必要書類が届きます。

必要な手続き
[ 提出書類 ]
「健康保険被扶養者(異動)届」
添付書類・・・
①世帯全員の住民票または戸籍謄本(発効日より3カ月以内のもの)
②配偶者に収入がある場合、配偶者の前年源泉徴収票の写し
[ 提出先 ]
会社の人事・総務担当部署へ
[ 提出期限 ]
5日以内
[ 備 考 ]
注意 夫婦共働きの場合は、原則として収入の多い方の被扶養者になります。配偶者の被扶養者にする場合は、ファイザー健康保険組合への届出は不要です。

詳しくはこちら
[ 提出書類 ]
「健康保険出産育児一時金(付加金)申請書」 
添付書類(いずれも写し)・・・直接支払制度に関わる合意文書、産科医療補償制度押印領収・明細書
[ 提出先 ]
会社の人事・総務担当部署へ
[ 提出期限 ]
すみやかに

詳しくはこちら
[ 提出書類 ]
「出産手当金申請書」
[ 提出先 ]
会社の人事・総務担当部署へ
[ 提出期限 ]
すみやかに

詳しくはこちら

出産育児一時金

被保険者や被扶養者が出産したときに支給されます(出産する方が加入する健康保険から受給します)。

給付額 470,000円(1児につき420,000円+ファイザー健保組合独自の付加給付50,000円)

産科医療補償制度加入分娩機関での出産(死産を含み、在胎週数第22週以降のもの)の場合。
それ以外の場合の給付額は、454,000円(1児につき404,000円+ファイザー健保組合独自の付加給付50,000円)です。

<参考> 産科医療補償制度サイト (制度加入分娩機関の検索もできます)
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/

●どんなときに支給される?

妊娠4カ月以上(85日)経過した出産
早産、死産、人工妊娠中絶も支給の対象
異常出産も支給の対象
引続き1年以上被保険者であった方が、退職して6カ月以内に出産したとき(付加金の支給はなし)

○異常出産の場合
異常出産・妊娠中毒症の場合は、療養の給付の対象にもなります。
※正常出産の場合は、療養の給付は支給されず自費扱いです。
○人工妊娠中絶の場合
母体保護法による人工妊娠中絶の手術を受けた場合は、療養の給付の対象にもなります。
※単なる経済的な理由による場合は、療養の給付は支給されず自費扱いです

夫婦共働きの場合は、妻の加入している健康保険から給付を受けます。重複して受給することはできません。

●直接支払制度

出産する医療機関で手続きを行うことにより、健保組合から出産育児一時金を直接医療機関へ支払うことができる制度です。出産費用が420,000円を超えた場合は、超えた分のみを医療機関等へお支払いください。出産費用が420,000円を下回る場合の差額分と付加金(50,000円)は、出産後に健保組合から被保険者に支払われます。
※医療機関によっては直接支払制度を利用できないこともあります。

●受取代理制度

受取代理制度は出産育児一時金を医療機関が被保険者に代わって受け取る制度のことです。
受取代理制度を利用できる医療機関は、厚生労働省へ届出を行った一部の医療機関等に限られます。

●出産費資金貸付

出産時の窓口支払に不安がある場合に、健保組合から出産育児一時金の80%の貸付が受けられます。
申請に基づいて、出産予定日の1カ月前にご指定口座へ振り込みます。なお、貸付額は出産育児一時金から控除されます。

出産手当金

被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料が支払われないときに支給されます。医師または助産師の意見および事業主の証明を受けてください。
※事業主から報酬を受けている場合も、その額が出産手当金の額より少ないときはその差額が支給されます。

給付額 標準報酬日額の2/3×支給対象日数

直近12カ月の平均標準報酬月額の30分の1
被保険者期間が1年に満たない人は、①被保険者期間の平均標準報酬月額の30分の1か②支給を始める日の属する年度の前年度9月30日の全被保険者の平均標準報酬月額の30分の1の少ない方の額

●支給期間

出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産の予定日)以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から、出産の日の翌日以後56日目までを期限とした休んだ日分です。

育児休業期間中の保険料

育児休業期間中の健康保険の保険料は、事業主の申出により、保険料(被保険者・事業主両方の負担)が免除されます。
※育児休業は男性でも認められます。

注意 産後8週間(出産手当金の支給対象期間)は育児休業の対象にならないため、保険料は免除されません。

FAQ
Q1.
直接支払制度を利用したとき、医師、助産師、または市区町村の証明は必要か?
A1.
不要です。

よくあるご質問全般はこちらをご覧ください。

※PDFファイルを閲覧されるには、最新版の Adobe® Reader® が必要です。