HOME > 健保組合のしくみ > 健康保険組合について
健保組合のしくみ
健康保険組合について

健康保険組合とは

健康保険の仕事は、全国健康保険協会と健康保険組合が行います。常時従業員が700人以上いるか、同種同業の事業所が集まって3,000人以上いる場合には、厚生労働大臣の許可を得て健康保険組合を設立し、独自の立場で健康保険の事業を運営することができます。これを全国健康保険協会が行う全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)に対して組合管掌健康保険といいます。皆さんが加入するファイザー健康保険組合は後者の健康保険です。

健康保険組合のメリット

協会けんぽに比べて健康保険組合には次のようなメリットがあります。

健康保険組合では法律で決められた法定給付のほかに、組合財政の実情に応じて付加給付事業を行うことができます。
健康保険組合では健康増進をはかるために各種疾病予防事業、体育奨励費、レクリエーション活動、保養所利用補助など独自の保健事業を行うことができます。
健康保険組合では保険料率を組合財政状況に応じて1000分の30〜130までの範囲で決めることができます。(介護保険料率とは別建て)

健康保険組合の仕事

健康保険組合の事業のうち、「保険給付」と「保健事業」は2大事業といわれます。
「保険給付」は、被保険者や被扶養者が病気やケガをしたときの医療をはじめ、出産や死亡のときの手当金などが支給されるもので、法律で決められている『法定給付』と健康保険組合が組合財政の規模と余裕に応じて独自に行う『付加給付』があります。

「保健事業」は、被保険者や被扶養者が病気にならないように、また、より一層健康的な生活を送れるように行われる事業です。ファイザー健保組合では、健診や予防接種の補助、体育奨励費の補助などを行っています。

健康保険組合の組織と運営

image健康保険組合は、議決機関である組合会と執行機関である理事会によって、自主的・民主的に運営されます。

組合会は、健康保険組合の規約、事業計画、予算、決算などの重要な事項を決定します。事業主が選んだ選定議員と被保険者が選んだ互選議員がそれぞれ同数ずつ(ファイザー健保組合は各8名、計16名)で構成されます。

理事会は、組合会で決定した事業計画を実行します。理事の半数は選定議員のなかから、他の半数は互選議員の中から選ばれます(ファイザー健保組合は各3名、計6名)。理事長は、選定理事のなかから選挙で選ばれ、最高責任者として健康保険組合の運営にあたります。また、理事長の指名により選ばれる常務理事は、理事長を補佐し、日常の事業運営に必要な事項を処理します。

また、健康保険組合の適正な運営と業務の執行、および財産の状況を監査するために、監事(2名)が選定議員と互選議員から選ばれます。

image